So-net無料ブログ作成
検索選択
プジョー ブログトップ

ミニチャンプス プジョー404 クーペ [プジョー]

(011)mp404クーペ01.jpg(011)mp404クーペ02.jpg
今回はミニチャンプス製プジョー404クーペです。
プジョー404では以前にディンキー製のカブリオレを紹介しましたが、今回は現行のモデルです。

(011)mp404クーペ03.jpg(011)mp404クーペ04.jpg(011)mp404クーペ05.jpg(011)mp404クーペ06.jpg
ディンキーは初期型をモデル化していましたが、ミニチャンプスのモデルはフロントグリルにフォグランプを追加した後期型をモデル化しています。
他社のミニカーではノレブが当時と現在でそれぞれ別金型でモデル化しています。

ディンキー 1429 プジョー404 ブレーク ポリス [プジョー]

(010)404ブレークポリス01.jpg(010)404ブレークポリス02.jpg
今週はフランスディンキーでも。
というわけで今回はディンキー製プジョー404ブレークのポリス仕様です。以前にディンキー製のプジョー404ブレークを紹介しましたが、今回はそのバリエーションモデルです。
(010)404ブレークポリス03.jpg(010)404ブレークポリス04.jpg(010)404ブレークポリス06.jpg(010)404ブレークポリス07.jpg
ノーマル仕様に赤色灯とアンテナが追加されています。アンテナは取り外し式ですのでコーギーのモデルと違って折れにくいのは良いのですが、その分紛失しやすいため注意が必要です。
60年代末期のフランスディンキーは生産時期が短いモデルが多い為海外で驚くほど高値が付いているモデルがいくつかあります(特にルノー・プジョー・シトロエンといったフランス車にその傾向が強いです)。このモデルもその一つで生産時期は1970-71年と短期間だった為か相場は日本の2~4倍と高額だったりします。日本には当時それなりに輸入されていたので、このモデルを探されるのであれば海外よりも国内の方が宜しいかと思います。
(010)404ブレークポリス05.jpg(010)404ブレークポリス08.jpg

ディンキー 528 プジョー404 カブリオレ [プジョー]

(007)404カブリオレ07.jpg
今回はフランスディンキー製プジョー404カブリオレです。プジョー404のバリエーションとして1961年に追加されました。翌62年には同じボディを使った2ドアクーペも追加されました。
(007)404カブリオレ01.jpg(007)404カブリオレ02.jpg(007)404カブリオレ03.jpg(007)404カブリオレ04.jpg(007)404カブリオレ05.jpg(007)404カブリオレ06.jpg
フランスディンキーのモデルは1966年より登場しました。ドア・ボンネットが開閉し、女性のフィギュアが付属しました(フィギュアは同社のDAFやトライアンフSPと共通です)。個人的にディンキーの中でも最高傑作だと思っています。カラーはブルーメタリックの他、白とクリームがありました。
(010)404C01.jpg(010)404C02.jpg(010)404C03.jpg(010)404C04.jpg(010)404C05.jpg(010)404C06.jpg
当時の他社のモデルではノレブとミニオールがあり、現行ではエリゴール・ノレブ・ミニチャンプスがあります。

ユニバーサルホビー プジョー404 ベルリーヌ [プジョー]

(004)4041.jpg(004)4042.jpg
今回はUH(ユニバーサルホビー)製プジョー404です。1960年より登場した中型セダンで、当初デザイナーは非公開でしたが後にピニンファリーナがデザインしたことが発表されました。またラリーでも活躍しました。
(004)4043.jpg(004)4044.jpg(004)4045.jpg(004)4046.jpg
プジョー404のミニカーメーカーによってデザインが大きく異なりますが、その中でもこのUH製のモデルは特徴をとらえながら押し出しも少なく良くまとまっていると思います。

ディンキー 525 プジョー404 ブレーク [プジョー]

(006)404ブレーク01.jpg(006)404ブレーク02.jpg
今回はフランスディンキー製プジョー404ブレークです。プジョー404は1960年より登場した中型車で、デザインは発表当時はデザイナーの名を伏せていましたが、のちにピニンファリーナ作であることが公表されました。また、プジョーとしてはステーションワゴンにブレークの名を付けた初めてのモデルでした。
(006)404ブレーク03.jpg(006)404ブレーク04.jpg(006)404ブレーク05.jpg(006)プジョー404ブレーク07.jpg
ディンキーのモデルは1964年より登場しており、ステアリング・後部ゲート開閉・後部シートの折り畳みギミックを内蔵しています。他の色ではクリームがあり、バリエーションとしてはポリス仕様があります。
(006)404ブレーク06.jpg

ノレブ プジョー207 [プジョー]

(005)2071.jpg(005)2072.jpg
今回はノレブ製プジョー207です。世界的に大ヒット作であった206の後継機で2006年より登場しました。
(005)2073.jpg(005)2074.jpg(005)2075.jpg(005)2076.jpg
ノレブのモデルはバリエーションが多く3・5ドア両方ともモデル化されています。個人的には独特の個性のあった206に比べて207は307の縮小版といったイメージがあります。

ミニチャンプス プジョー306 5ドアブルー [プジョー]

(009)30601.jpg(009)30602.jpg
「ねんがんの 306ブルーをてにいれたぞ!」
ということで今回はミニチャンプス製プジョー306です。VWゴルフに対抗する車で、1993年より登場して307登場の2001年までCセグメントクラスの代表車のひとつとして活躍しました。
(009)30603.jpg(009)30604.jpg(009)30605.jpg(009)30606.jpg
このミニチャンプスのモデルは3ドアで赤・緑の2色と5ドアにグレー・ブルーの2色があり、いずれも人気があり入手難度が高めです。このブルーのモデルも10年前の発売当初に買い逃し、最近になってようやくプレ値で手に入れることができました。
初めて買った現行ミニカーが下の緑とシャバクのゴルフだったので個人的に思い入れがあるモデルです。
(008)30601.jpg(008)30602.jpg(008)30603.jpg(008)30604.jpg(008)30605.jpg(008)30606.jpg

ノレブ(アシェット) プジョー202 [プジョー]

(001)2021.jpg(001)2022.jpg
今回はノレブ製プジョー202です。実車は戦前の1938年に登場して戦後の1949年まで生産されました。
(001)2023.jpg(001)2024.jpg(001)2025.jpg(001)2026.jpg
ノレブの通常モデルは黒色ですが、こちらは雑誌の付録版ですので明るいライトブルーになっております。

ノレブ・ミニチャンプス プジョー504クーペ [プジョー]

(002)504クーペ前1.jpg(002)504クーペ前2.jpg
今回はフィアット130クーペと同年代のプジョー504クーペです。こちらもピニンファリーナデザインです。
(002)504クーペ前3.jpg(002)504クーペ前4.jpg(002)504クーペ前5.jpg(002)504クーペ前6.jpg
直線的なフィアット130に対してこちらはやや曲線的なデザインです。ミニカーはノレブ製です。
(003)504クーペ後1.jpg(003)504クーペ後2.jpg(003)504クーペ後3.jpg(003)504クーペ後4.jpg(003)504クーペ後5.jpg(003)504クーペ後6.jpg
こちらはミニチャンプス製のモデルでフロント・リアのマスクが変更された後期型です。
プジョー ブログトップ
ミニカーランキング参加中です。宜しければクリックいただけると幸いです。 にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。