So-net無料ブログ作成
ポルシェ ブログトップ
前の10件 | -

サクラ ポルシェ 934ターボ [ポルシェ]

098.JPG099.JPG
今回はサクラ製ポルシェ934ターボです。
ポルシェ934ターボは1976年より登場したレーシングカーで、グループ4用として31台製作されました。
ベースは911ですが、エンジンは3.0RSR用の3ℓ水平6気筒エンジンにターボチャージャーを搭載していました。ワークスのほかにプライベーターに販売されて主にル・マンで活躍しました。

104.JPG106.JPG109.JPG112.JPG
サクラのモデルはスーパーカーシリーズではなく世界の名車シリーズより登場しました。フル開閉ながらプロポーションも良好で同社の傑作モデルの一つといえます。
バリエーションは個人的にこの色以外のモデルとは出会えたことが無い為わかりませんが、派生バリエーションではフロントを変更した935ターボが同じ世界の名車シリーズでありました。

ダイヤペット ポルシェ911 [ポルシェ]

134.JPG
今回はダイヤペット製ポルシェ911です。

135.JPG139.JPG
初代のナローポルシェですが日本には1965年から輸入されるようになりました。販売したのは東京の輸入販売会社であるミツワ自動車で、ポルシェの正規ディーラーができる97年までポルシェの輸入販売を一身に背負ってきました。

143.JPG145.JPG149.JPG150.JPG155.JPG158.JPG
ダイヤペットのモデルは翌66年より登場しました。同社の外車モデル第1弾で材質はアンチモニーながらフルアクションを持っていました。
プロポーションは先に紹介した海外のモデルに比べると見劣りするかもしれませんが、アンチモニー独特の柔らかい表現により他社に無い独特な魅力を感じさせるモデルです。
色バリエーションはシルバーグレー・アイボリー・赤の3色で、販売次期によりフロントのスペアタイヤが一体成型だったりシートが植毛加工してあったりするそうです。

メベトーイ ポルシェ912 [ポルシェ]

264.JPG290.JPG
今回はメベトーイ製ポルシェ912です。

269.JPG272.JPG
前回紹介したポリトーイのモデルは911の廉価版である912でしたが、メベトーイも同様に912をモデル化しました。
何故イタリアの2大メーカーが揃って911をモデル化せず廉価版の912をモデル化したのか不思議なところです。
275.JPG278.JPG284.JPG289.JPG
メベトーイのモデルはポリトーイと比べるとプラパーツが少なく質素なイメージですが、ボディはシャープでナローの911の特徴を良くとらえた好モデルだと思います。

282.JPG280.JPG266.JPG283.JPG
メベトーイの912は生産期間が長く色バリエーションも豊富です。途中からラリー仕様とレジャー仕様が登場しますが、こちらはエンジンを6気筒に変更して911としてモデル化されております。

ポリトーイ ポルシェ912 [ポルシェ]

244.JPG248.JPG
今回はポリトーイ製ポルシェ912です。

ポルシェ912は1965年より登場した911の廉価モデルです。外観は911と同じながら356で使用した水平4気筒を搭載して内装も簡略化されました。
1969年まで生産され、914にバトンタッチする形で生産終了しました。

252.JPG254.JPG257.JPG260.JPG
ポリトーイの912はフルアクションを持ちながら良好なプロポーションを持ち、メッキやプラパーツをふんだんに使った傑作モデルです。
色バリエーションでは赤メタがありました。

テクノ ポルシェ911S [ポルシェ]

226.JPG229.JPG
今週はナローポルシェのビンテージミニカーで。
と言うわけで今回はテクノ(Tekno製)ポルシェ911Sです。

現在も続く量産型スポーツカーの最高傑作と言えるポルシェ911は1963年より登場しました。先代の356からの共通部品が無く、モノコックボディに空冷式の水平6気筒エンジンを搭載した全く新設計の車でした。
911Sは65年より登場した改良型で、各パーツの強化及び重量も50キロ程度軽量化されました。

232.JPG235.JPG238.JPG241.JPG
先代の356は当時の各メーカーからミニカーからミニカー化されましたが911については足取りが鈍く、このテクノのモデルも911Sとして60年代後半にモデル化されました。
ダイキャスト剥き出しな部分が多くタイヤもやや大きめですが、ボディバランスが良くナロー系の911のやわらかさが一番表現されているモデルだと思います。60年代後期のテクノらしく各部パーツが開閉しステアリングギミックも搭載されています。
色バリエーションでは写真のカラシ色と赤の2色でした。

エブロ ポルシェ911S 1969 [ポルシェ]

002.JPG006.JPG
とりあえず使い切ってから考えるか....

と言うわけで今回はエブロ製ポルシェ911Sです。
初代ナロー系の911Sは1967年から登場していますが、エブロでは69年型をモデル化しています。
008.JPG012.JPG014.JPG017.JPG
管理人は911の中では初代のナロー系が一番好きですが、1/43サイズのダイキャストモデルだとどれも微妙な出来なのが残念なところです。その中ではエブロのモデルがバランスが良く一番好みですので、願わくば最初期の901型もモデル化してくれないかと思ってしまいます。
タグ:エブロ

シュコー ポルシェ 911RS マルティニレーシング#8 [ポルシェ]

278.JPG281.JPG
「マルティニカラーといえば白よりもシルバー!!。異論は認めない。」

というわけで今回はシュコー製ポルシェ911RSのマルティニカラーです。
ナローボディの73カレラをベースにしているようです。

284.JPG287.JPG289.JPG293.JPG
どこのレースで走ったモデルか調べたのですが解りませんでした。
ウィンドウに何故かシュコーのHPアドレスが付いている事から、レース向けのプレゼンテーションかシュコーオリジナルのカラーなのではないかと思います。

1/24 ブラーゴ ポルシェ911S [ポルシェ]

097.JPG099.JPG
今回はブラーゴ製ポルシェ911Sです。
ブラーゴ社はイタリアのミラノにあるブラーゴ村より生まれたミニカーブランドで、1974年より登場しました。
イタリアでは70年代に入ると1/43サイズは子供の駄玩具並みに簡略化され、新たに1/20~24サイズに力を入れることになります。その中でもブラーゴはプロポーション・ギミック共に高いレベルを誇っていました。
現在でもイタリアを代表するブランドであり、中国生産が主流の現在でもイタリア生産を貫ぬいております。
103.JPG104.JPG109.JPG112.JPG
ブラーゴの911Sは誕生した当初はメッキバンパーのナロースタイルでしたが、写真のモデルは70年代末期の物で930ターボ風味に変更されています。
他にはポリス仕様やレース仕様等多数のバリエーションがあります。
タグ:ブラーゴ

ミニチャンプス ポルシェ911ターボ (993) [ポルシェ]

(007)911ターボ(993)01.jpg(007)911ターボ(993)02.jpg
今回はミニチャンプス製ポルシェ911ターボです。4代目に当たる993系は1993年より登場しました。空冷式としては最後のポルシェで室内レイアウトも初代911より共通しています。ターボは95年より登場し、水冷式の996系の登場する97年まで生産されました。ターボになるに当たりフルタイム4WDとなり、エンジンもツインターボとなりました。
(007)911ターボ(993)03.jpg(007)911ターボ(993)04.jpg(007)911ターボ(993)05.jpg(007)911ターボ(993)06.jpg
993系の登場したときにはミニチャンプスは既に存在しておりクーペやタルガ等がモデル化されましたが、ターボに関してはモデル化は遅く2000年代に入ってからでした。色バリエーションも多く、ポルシェの中でも人気モデルの一つです。

スパーク ポルシェ 935 ル・マン ジェロレーシング 1980 [ポルシェ]

(013)SK93501.jpg(013)SK93502.jpg
今回はスパーク製ポルシェ935です。スパーク製のポルシェ935はいくつもありますが、今回は1980年度のルマンのジェロレーシング仕様です。

80年度のルマンの動画


(013)SK93503.jpg(013)SK93504.jpg(013)SK93505.jpg(013)SK93506.jpg
今回のジェロレーシング仕様はグループ5カテゴリでの参戦で、6位まで順位を上げましたがマシントラブルにより15時間目にりタイヤとなりました。

前の10件 | - ポルシェ ブログトップ
ミニカーランキング参加中です。宜しければクリックいただけると幸いです。 にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。